REDDY 多様性の経済学 Research on Economy, Disability and DiversitY

REDDYの活動

2018年4月7日

REASE-REDDY 公開研究会のご案内

チラシはこちら (PDF)

REDDY公開研究会「わたしと地域の回復—多様性のまちづくり 二つのLIFETIMEとこれからのコミュニティ」(社会資本としての住環境研究会 第2回)

4月7日(土曜日)、東京大学本郷キャンパスにて公開研究会「わたしと地域の回復—多様性のまちづくり 二つのLIFETIMEとこれからのコミュニティ」(社会資本としての住環境研究会 第2回)を開催しました。
“4月7日公開研究会 全体写真"

日時 2018年4月7日(土)14時-17時(開場13時半)
会場 東京大学本郷キャンパス 学術交流棟1階 第2セミナー室 アクセス (PDF)
主催:東京大学REDDY(研究代表者:松井彰彦、科研費基盤研究(A)17H00978)
   一般社団法人LIFETIME HOMES ASSOCIATION
登壇者:
熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術研究センター准教授、当事者研究Lab.
丹羽太一 (東京大学REDDY、一般社団法人LIFETIME HOMES ASSOCIATION
“4月7日公開研究会 登壇者"
入場料:無料

4月よりREASEはREDDY - Research on Economy, Disability and DiversitY:「多様性の経済学」として新しい段階に入ります。

 今回の公開研究会は,一般社団法人LIFETIME HOMES ASSOCIATION「社会資本としての住環境研究会」の企画として、まちづくりの側面から障害について考える、私たちにとっては新しい試みです。
 イギリスで住宅設計の基準としてつくられた"LIFETIME HOMES"、地域計画の指針としてつくられた"LIFETIME NEIGHBOURHOODS”は、「ライフタイム」、つまりそこに住む人たちひとりひとりの生涯を見通して、高齢者や車いすを使用する障害者も暮らしやすい住環境づくりのために考えられています。
 この「ライフタイム」という考え方をひとつの切り口に、REASEのメンバーでもある東京大学先端科学技術研究センター熊谷晋一郎准教授に、個人史としての「ライフタイム」とそこから考えるこれからの地域の、物理的あるいは本質的なあり方の可能性を探っていただきます。

 日本における地域包括ケアシステムは、福祉施設や公的な社会住宅だけでなく、戸建て住宅やマンションなどの個人住宅もその制度の中心基盤においています。これらの住宅を社会的インフラストラクチャーとして捉えた時、主に障害者や高齢者を対象としたバリアフリーやユニバーサルデザインというこれまでの建築や住宅における考え方は、今後どのような方向を目指すべきなのでしょうか。「社会資本としての住環境研究会」では、ライフタイム・ホームズという住宅の作り方を契機にし、さらに「障害の社会モデル」や「合理的配慮」というキーワードから、もう一度、バリアフリーやユニバーサルデザインを捉え直す試みを行い、そこから障害当事者が参加する計画のプロセスや、それによって見直される建築や住宅のデザインの手法、そして住み続けられる「まち」について考えています。

プログラム
14:00-14:05 開会の挨拶 松井彰彦(東京大学経済学研究科 教授)
14:05-14:35 丹羽太一 「LIFETIME NEIGHBOURHOODSという考え方」
“4月7日公開研究会 丹羽太一"
14:35-14:45 休憩
14:45-15:45 熊谷晋一郎 「わたしと地域、二つのLIFETIMEから回復を考える」
“4月7日公開研究会 熊谷晋一郎"
15:45-16:00 休憩
16:00-17:00 全体討論
“4月7日公開研究会 全体討論"

情報保障:手話通訳、文字通訳

お問合せ:reddy@e.u-tokyo.ac.jp

開催概要

*2018年1月に開催した第1回研究会「地域の中で考える住宅のあり方について」の内容は以下でご覧いただけます。
http://www.lifetimehomes.jp/events01.html