REDDY 多様性の経済学 Research on Economy, Disability and DiversitY

メンバーの研究

2018年11月

長瀬修

立命館大学生存学研究所 特別招聘教授 [障害学]

長瀬修

研究テーマ
対立と緊張に包まれた東アジアにおける障害者権利条約の実施に中心的に取り組んでいます。
対象としているのは、モンゴル、中国、台湾、韓国、日本、香港です。いつか北朝鮮についても取り組みたいと思います。

その研究を始めた理由、きっかけ
2012年の尖閣諸島をめぐる問題から、日中関係が極度に悪化したことと、同年に"Nothing about us without us"(私たち障害者を抜きにして、障害者に関することを決めないで)を訴える中国の障害者に初めて出会ったこと(北京にて)がきっかけです。REASEの研究の一環として、中国と東アジアへの展開が出来たことは本当に有難かった。

今までの活動・研究について
http://www.arsvi.com/w/no01.htmをご参照下さい。

最近気になっている問題、または印象深かった出来事など
小説を書いてしまったことです。
「障害と社会」—小説「障害者と私」

長瀬修 エッセイ「障害と社会」